【フッドスター・ZORNを木村昴が語る】「フッドスター・ZORNについての前編。新作と若き日の衝撃の出会い!!」【HIPHOP HOORAY VOL.20 ヤングジャンプ公式】
見出し画像

【フッドスター・ZORNを木村昴が語る】「フッドスター・ZORNについての前編。新作と若き日の衝撃の出会い!!」【HIPHOP HOORAY VOL.20 ヤングジャンプ公式】

『ヒプノシスマイク』で山田一郎役も務める声優界一の“ガチなヘッズ”な木村昴の日本語RAP連載!

新作に感銘を受けた木村さんの“告白”から始まる今回!十数年前の新小岩の路上での出会いエピソードがアツ過ぎです!!

木村 昴 きむら すばる:1990年6月29日生まれ。ドイツ出身。『ドラえもん』ジャイアン/剛田武役、『輪るピングドラム』高倉冠葉役等を担当。『ヒプノシスマイク』ではイケブクロ・ ディビジョン代表Buster Bros!!!を率いる山田一郎役。天才劇団バカバッカを主宰。ラッパーとしても『フリースタイルダンジョン』にも出演していたラッパー・掌幻と“掌幻と昴”として活動中。

※本記事は週刊ヤングジャンプ2021年3号に掲載された内容をnote用に一部改変して収録しました。

フッドスター・ZORNについての前編。新作と若き日の衝撃の出会い!!

昔からファンなんですが、このインタビューを受けている2020年11月2日現在、僕の中で改めて最もホットなアーティストといえば、アルバム『新小岩』をリリースしたばかりのZORNさんです

——iTunesチャートで『新小岩』がトップを獲得、ヒップホップチャートでもベスト30の中に過去曲も含めて22曲をランクインさせるなど、その注目度の高さを数字でも証明しました。

『新小岩』:2020年10月28日に発売になった、昭和レコードより独立後初のアルバム。KREVA、ILL-BOSSTINO、ANARCHYら客演陣も超豪華。

2021年1月24日には武道館でソロ公演を行われますし、今回はZORNさんについてお話させて頂ければと。それにはまずZORNさんと僕との出会いからお話ししなくちゃと思ってるんですが、まずこの場をお借りして、告白があります……

——なんですか、いきなり改まって……。

僕は今まで“自分のフッドは浅草だ”って言ってきたんですね。それは僕が中学校のときから可愛がってくれて、ヒップホップや様々なカルチャーを教えてくれたいとうせいこうさんが住まわれてたので、浅草で遊んでたっていうのもあるし、僕のおばあちゃんも浅草に住んでいて。だけど実は俺……新小岩出身なんです!

——え〜! 区すら違うじゃないですか!

葛飾区出身です(笑)! 今はまた別の場所に住んでるんですけど、育ったのは新小岩。もちろん新小岩をレペゼンしたい気持ちはあったし、嫌いなんてことは全くないんですけど、やっぱり芸能の仕事をしてると、実際に住んでる場所は言いにくいこともあって、それで浅草って言ってたんですね。でも『新小岩』を聴いて、“新小岩出身であることを偽ってた俺はダサいんじゃないか……”と

——ハハハ。改めてフッドに目覚めたんですね(笑)。

僕にとって浅草はヒップホップや生い立ちに関するルーツですけど、新小岩はもっと生活に根付いたルーツなんです。日本語ラップのCDを買い漁ってたレンタルショップも新小岩ですし、住んでた当時に、近所の小学生がうちの前を“ここ、ジャイアンの家なんだぜ!”って友達同士で話しながら登校してたり。そういう記憶を地元の先輩あるZORNさんの作った『新小岩』を聴きながら思い出して、改めて自分の地元をもっと大事にしなきゃなって。それぐらい、フッドが愛おしくなる作品でしたね

——ZORNさんとは面識があるんですか?

それもフッドならではの出会いだったんですよ。ヘッドフォンで音楽聴いてノリながら信号待ちしてたら、ZORNさんが隣にきて“お前、いつもここノリノリで通ってるよな”って。それが僕が高3で、ZORNさんは19ぐらいのとき。ZORNさんのことはMCバトルの猛者として知ってたので、ビックリしてたらいきなりフリースタイルを仕掛けられて

——マンガみたい!

それで僕はフリースタイルじゃなくてビートボックスで返したら、 ジャムセッションみたいになって(笑)。で“番号教えるから登録しといてよ”って電話番号も教えてもらって。ただその番号を僕が打ち間違えちゃったかなんかで、その後に連絡は結局取れずじまいだったんですが、その時のことは強烈に印象に残ってましたね

——地元ならではの最高なエピソードですね。

そういう出会いもあって、自主1stの『心象スケッチ』からずっと聴き続けてるアーティストですね。NORIKIYO『Hey Money (Remix) feat. ZORN,AKLO & OMSB』の“帰り道にぱぱすで買って帰るパンパース”のぱぱすは僕も使ってたし、『All My Homies』の“今度ライブあっから来い/成人式やった場所”のかつしかシンフォニーヒルズは僕も成人式に出た場所。新小岩が舞台になったMVはよく知ってる風景ばかりなんですよね。

そんなZORNさんの凄さを次回もお話します!

最後までお読みいただきありがとうございました!次回もお楽しみに!

撮影◎門嶋淳矢
取材・文◎高木“JET”晋一郎

▼毎週月曜更新!連載マガジンはコチラ!

▼初月無料でバックナンバー一年分が読み放題!最新記事はコチラから!


集英社青年漫画誌『週刊ヤングジャンプ』の公式アカウントです。連載作品の各種最新情報はもちろん、様々な企画や記事も掲載していきます! 公式サイトはこちら:https://youngjump.jp/