見出し画像

【般若を木村昴が語る】「『フリースタイルダンジョン』初代ラスボス・般若 その圧倒的に独自な世界と衝撃の出会いについて! 」【HIPHOP HOORAY VOL.6 ヤングジャンプ公式】

『ヒプノシスマイク』でも活躍の、声優界イチのガチなヘッズ・木村昴の日本語RAP連載!

日本のHIPHOPの代表選手であり孤高の存在でもある般若についての前半戦!!

木村 昴 きむら すばる:1990年6月29日生まれ。ドイツ出身。『ドラえもん』ジャイアン/剛田武役、『輪るピングドラム』高倉冠葉役等を担当。『ヒプノシスマイク』ではイケブクロ・ ディビジョン代表Buster Bros!!!を率いる山田一郎役。天才劇団バカバッカを主宰。ラッパーとしても『フリースタイルダンジョン』にも出演していたラッパー・掌幻と“掌幻と昴”として活動中。

※本記事は週刊ヤングジャンプ2020年25号に掲載された内容をnote用に一部改変して収録しました。

『フリースタイルダンジョン』初代ラスボス・般若 その圧倒的に独自な世界と衝撃の出会いについて!

今回は僕がナレーションをさせて頂いている『フリースタイルダンジョン』でも初代ラスボスを務められていた、ラッパーの般若さんについてお話ししたいと思います。

僕が最初に般若さんのラップに出会ったのは、ZEEBRAさんの『GOLDEN MIC(REMIX) feat.KASHI DA HANDSOME、AI、童子-T、般若』。

『GOLDEN MIC(REMIX)feat.KASHI DA HANDSOME,A1,童子-T, 般若』
2003年リリースのZEEBRAのアルバム『TOKYO'S FINEST』収録曲

その印象はとにかく“独特”でしたね。そこから般若さんのソロアルバム『おはよう日本』を聴き、もう完全にノックアウトされました。

『おはよう日本』:2004年発売。ソロアーティストとしての般若のファーストアルバム

ラップのスタイル、声質、言い回し、スタンス……どれをとっても独自で独特! オリジナリティの塊だなって。セカンドアルバムに入ってる『やっちゃった』という曲とか、強烈な歌詞と物語、ラップのうまさ……どれも一級品なのに、『みんなのうた』みたいなノリでラップしちゃうキャッチーさもスゴく衝撃的で。そういうギャップが魅力的な人だと思いましたね。

般若さんの曲を聴いて感じたのは、熱くて、ストイックな人なんだろうな、ということで。それこそ般若さんが尊敬して、兄貴と呼んでいる長渕剛さんのような人を想像しました。一方でソロになる前は妄走族というグループを組まれていて。

妄走族:1998年に東京・三軒茶屋近辺で結成。2000年にアルバムデビューした東京ストリートシーンの伝説的グループ

——渋谷を中心に活動した、かなり“やんちゃ”なグループでしたね。

でも般若さんの曲からは、タフさやハードさは感じるけど、恐怖は覚えないんですよね。それは般若さんが高校生の頃、女性ラッパーのRUMIさん、DJ BAKUさんと般若というグループを組んでたのを知って、こんなに泥臭い人が、女性とタッグを組めるってことは、やっぱり優しさが根底にあるんだろうな、って

“般若”というグループ:もともと“般若”という名前は、彼が妄走族以前にRUMIとDJ BAKUと組んでいたグループの名前だった。


——般若さんの優しさは曲はもちろん、『ダンジョン』でのR-指定さんとのラスボス継承バトルなどからも感じられますね。

般若さんは超一流のラッパーであり、MCバトルに関しても『UMB』という日本最高峰の大会で優勝経験があって(2008年)、その優勝を期にMCバトルは引退してたんですが、『ダンジョン』が始まる時にラスボスとしてバトルに復帰されて。

UMB:2005年より始まったフリースタイルバトルのトーナメントイベント・ULTIMATE MC BATTLEの略。他の優勝経験者はR-指定、DOTAMAら

だから『ダンジョン』という新しいムーブメントが始まる時に、そこに敢えてチャレンジするという姿勢には、本当に感動しましたね

——実際に会ったことは?

アニメ『DEVILMAN crybaby』の収録ですね。それまでライヴで客席から拝見したことはあったんですが、同じ現場に立ったのは、その収録が初めて。やっぱりめちゃくちゃ緊張しましたね

『DEVILMAN crybaby』:永井豪の『デビルマン』を原作に、2018年にNetflixより配信されたアニメーション作品。ラップが大きくフィーチャーされていてバトルの場面も。般若はバボ役、木村昴はガビ役で出演

——般若さんは人見知りでシャイな方でもありますからね。

緊張してたら、急にスタジオで腕立て伏せ始めたんですよ、般若さん! 今まで収録でそんな人に会ったことないから、余計にパニックになりましたよ。“これは……俺が何かやらかしたら、ぶん殴るためにパンプアップしてるのかな……”って(笑)

——乱暴者すぎるでしょ(笑)!


でもそのとき、僕は自分の収録が幸いメチャクチャ調子良くて、一発OKだったんですね。そしたら、後ろから般若さんがボソッと“すげえ”って。それがもうとにかく嬉しかった!! しかも後日読んだインタビューで、般若さんが“木村くんには今度バスローブを贈ろうと思う”っておっしゃってくれてて!

バスローブ:『フリースタイルダンジョン』出演時の般若の扮装を連想させる

——褒め方が独特すぎますね(笑)。

そうなんですよ! そういう、一瞬考えさせるような表現が、般若さんの魅力だと思うんですよね。良かったよ! とか直接的に言うんじゃなくて、色んな捉え方を含んだ表現をされる方だし、それがラップのダブル・ミーニングだったり、複雑なリリックにつながってるのかなって。僕も言葉遊びにシビれるタイプなんで、特にそういった部分に影響を受けましたね。

後編ではそんな般若さんの歌詞の解説をさせて頂きます!

#StayHome推奨曲 『インダハウス』Youtube公開中。

ファンサイト「来れたら来て」(https://hannyaofficial.fensi.plus/)更新中。

撮影◎門嶋淳矢
取材・文◎高木“JET”晋一郎

▼毎週月曜更新!連載マガジンはコチラ!

▼高画質!初月無料!バックナンバー1年分読み放題!定期購読!


集英社青年漫画誌『週刊ヤングジャンプ』の公式アカウントです。連載作品の各種最新情報はもちろん、様々な企画や記事も掲載していきます! 公式サイトはこちら:https://youngjump.jp/